《はじまりの日》byスガシカオ(《信蜂》第一季OP1)

とにかく こんな街から逃げ出したくて
只想尽早逃离这个沉闷的都市

まだ暗いうち 谁もいない道 ぼくら出発した
趁夜深人静之时 我们悄然起程

どちらへいけば 未来に続いてるのか…?
要去哪里 才能通向未来呢…?

わからなくて 君と二人で ただ走ったんだ
浑然无知的 我们 只好继续奔跑

携帯舍てて 自由をインストールしたつもり
以为扔掉手机 就能重新获取自由

君がちょっと 探るポケット 「不安だ…」って笑った
但你习惯性的摸着口袋 掩心中的不安

始発电车がぼくら追い越す时 朝日が 窓に反射して
首班电车从我们身边经过的时候 晨曦的阳光 从窗前反射出来

それがフラッシュ・ライトの光のように ぼくらを写した
那就好像闪光灯一般把我们映现出来

“ねぇどこへいく?”“どこでもいく!” 握りしめた手と手
“呐 我们要去哪里?” “去哪里都陪着你” 紧握着的手与手

ぼくがいて 君がいた はじまりの日
有我的守候 有你的陪伴 我们的启程之日

闻きたくないんだ 谁かの优等生な言叶
我不想听到 某人一本正经的话语

ぼくにとって リアルじゃなくて 立ち止まっちゃうんだ
对我来说 虽然并不真实 但还是停下了脚步

闻こえてますか? それでも精一杯出した
能听见吗? 尽管如此还是倾尽全力

声はいつも 枯れてしまうも 君に向かっているんだ
就算这声线已经嘶哑 但也渐渐地传向你

夏の亡霊が暴れだす前に 持てるだけの希望を持った
在夏天的亡灵躁动之前 能持有的希望都已紧握手中

それはフラッシュ・ライトの光のように 未来を照らした
那宛如是闪光灯一般 照应出未来的摸样

“ねぇなにがしたい?”“なんでもしたい!” 朝焼けに染まるシャツ
“呐 今后做什么?” “做什么都愿意!” 被朝霞染红的衬衫

ぼくの思い 君の愿い はじまりの日
我的思念 你的愿望 我们的启程之日

Runaway Runaway Runaway Yup! どこまでも Go far away Yup!
我们远远地逃离,不管逃到天涯海角

离ればなれになるくらいならこうなりゃどうにでもなりやがれや
就算注定最后要分开的话 那就不管变成怎样都要做到底

モラリストたちが騒ごうが ニヒリストたちが嗤おうが
道德论家们在骚乱 虚无主义者在嘲笑

リアリストたちが无理だって言おうがもう始まってるんだこのShowは
现实主义者总是在说不可能 这场演出已经开始了

要は いまさらもう遅い 歩き始めた干线道路沿い
总之 事到如今已经太晚了 我们已将走上了笔直大道

スローモーションで动く景色 见たこともないその目的地へと 
伴随着缓慢地转换的景色 驶向那未曾见过的目的地

前へ 前へ 前へ 前へ 新しい住所と名前で
向前 向前 向前 向前 在新的地址和名字下

始めようぜ新しいドラマ 新しいオレのパートナーよ
将重新开始 那崭新的剧照 以及崭新的搭档

谁かを想う 苦しい思い そのイタミの中で
想起了谁 苦闷的思念 在那些烦恼中

ひとつひとつ あるいはふたつ 意味をみっつけたい
一个接一个 又或者是两个 想找出其中的意义

“ねぇどこへいく?”“どこでもいく!” 握りしめた手と手
“呐 要去哪里?” “去哪里都陪着你!”紧握着的手与手

ぼくがいて 君がいた はじまりの日
紧握着的手与手 我们的启程之日

Let's escape... Uh! ユメの虏
让我们逃离,不再被梦想俘虏!

Let's escape... Uh! 运命の踊り子
让我们逃离,不再任命运摆布

Let's escape... Uh! 何者にも
让我们逃离,无论什么人

止められぬ朝へ君と逃避行
都无法阻拦我与你逃向黎明的路

Let's escape... Uh! ユメの虏
让我们逃离,不再被梦想俘虏!

Let's escape... Uh! 运命の踊り子
让我们逃离,不再任命运摆布

Let's escape... Uh! 何者にも
让我们逃离,无论什么人

邪魔されぬ夏へ君と逃避行
都无法打扰我与你逃向夏季的路

评论

© 萌萌萌萌萌个鬼 | Powered by LOFTER